レーシック 10年

MENU
レーシック保険適用のご案内|体験談:手術から10年経ちました。

レーシック手術から10年経ちました。

2003年6月にレーシック手術を受けてから10年以上経過しました。

 

手術直後の矯正度の不安定期に視力が少し下がり始め、左右の見え方にもバランスの悪さを感じていたところ3ヶ月後の定期検査にて再手術による視力の最終矯正をしなければなりませんでしたが、これも一般的に起こりうることのようでスムースに対応してもらい、そのあとは特に気になる症状も無くすべて順調です。

 

日常生活では、運転免許証更新時の視力検査も問題なくクリアできますし、実際には1.0は最低見えているという実感はあります。

 

手術以前は0.1を切るほどでしたから、私の中での日常生活においての変化がいかほどかはみなさんの想像に難くないだろうと思います。

 

悪天候時、夜間の車の運転も問題なく出来ますし以前は近視と同じくらい度の進んでいた私の乱視の面もすっかり矯正されています。

 

10年経ちましたが眼球自体に違和感もありませんし、以前はドライアイに悩まされていましたがそちらも問題ありません。単純に見えるということに関して肯定的なフィードバック意外に思い当たることが無いというのが本当に正直な気持ちです。

 

将来的には、もちろんこれは実際に経験するしか分からないのでしょうが、老眼が出てくる時期も大分遅くなるであろう事に加え、場合によっては老眼自体を防げることになるかもしれないという事は言われています。

 

体調の変化や、その他の外的要因によって視力に影響が起きるようなこともありません。

 

周囲への影響

私がレーシックを受けた時は、周囲に同様に視力の悪さに悩まされている友人が多くいて、そのうちの数名は特にレーシックについて興味を持っており、 さまざまな面での私の体験談を話したり具体的なアドバイスを求められました。

 

彼らに共通していた質問の内容としてはまず「どれくらいで見えるようになるのか?」これに関しては実際には手術直後から見えるようになるので、手術後少しずつ回復するのではと考えていたと思われる彼らとの認識に差があることを示していたように思います。

 

そのほかには一般的な「痛みはあるのか」「費用はどれほどなのか」「ちゃんと効果があるものなのか」といったものや「怖くなかったか?」という心理的な質問もありました。

 

特に私がレーシックを受けた10年くらい前の2003年前後は日本国内での施術にはまだまだ一般的には費用が相当かさむ時代でしたし、臨床ケースも信憑性のあるものはあまりなかった時代でしたので。

 

結果、相談に乗った友人のうち2人が程なくして私と同じクリニックでレーシックの手術を受け、回復度合いに個人差はあるものの 眼鏡やコンタクトから開放されて視力が矯正された事実に喜び、今も問題なく生活しています。

関連ページ

きっかけは友達の熱心な解説
レーシックを受けた理由と体験談。友達の熱心な解説がきっかけ。手術費もある程度保険でまかないました。
こんな不便もありました
レーシックを受けた理由と体験談。こんな不便もありました。
レーシック手術から4年
レーシック手術から4年経ちました。
運送業やってます。車の運転に最高です。
運送業やっています。目が悪く、雨の日は特に見づらいのでレーシックを受けることにしました。事故をおこしたらまずいので。私の体験談です。
良かったこと、後悔したこと。
レーシック手術を受けて良かったこと、後悔したこと。
見えないストレスから解放!
レーシックで、良く見えないというストレスから解放されました。
コンタクトと比較して
レーシックとコンタクトを比較すると、長い目で見るとレーシックがいいのかなと思います。
再手術を受けました。
レーシックで再手術を受けました。最初はショックだったけど、なぜ再手術が必要なのかの理由。
将来の視力はどうなのか?不安も。
術後の視力は安定しています。でもレーシックは将来の視力が不安ですね。
手術は有給を取ってから!
レーシックを受けるときは、手術後のことを考えて有給を取っておきましょう。
読書がしにくい。
レーシックを受けて視力回復したのはいいけど、大好きな読書がしにくくなりました。近くを見過ぎてまた近視になるのも怖いな。
視力戻りしています
レーシック手術で後悔してます。手術を受けて2年した頃、近視戻りが出たからです。せっかくレイシック受けたのにな。後悔しても仕方ないから、再手術をどうしようか迷ってます。