レーシック 後悔

MENU
レーシック保険適用のご案内|体験談:良かったこと、後悔したこと

良かったこと、後悔したこと。

毎朝コンタクトを装着し、お風呂の前には外して、眠るまでは眼鏡にチェンジ。私がレーシックを受けようと思ったのは、コンタクトと眼鏡の生活に疲れてしまったためです。

 

私はよく電車を利用していたのですが、目的地に着くまでに居眠りをしてしまうことがよくありました。そうすると、コンタクトをした目は乾き、ゴロゴロとした不快な症状に襲われます。

 

夜にコンタクトをしたままお風呂に入ってしまっても、同じように目が乾いてしまいます。そのため、お風呂に入る前にはコンタクトを外していたのですが、これもまた不便。浴室では眼鏡がかけられないので、足元が見えません。

 

リラックスできるはずのお風呂ですが、目が見えないと逆に疲れが増してしまう気がしていました。 視力の悪い裸眼でものを見る。 視力に悩んでいる方でしたら分かると思うのですが、これはとても疲れます。

 

目が疲れるだけでなく、私の場合は頭痛までおきてしまいます。 そのため、コンタクトをしていない時は眼鏡が必需品でした。

 

しかし、必需品とはいえ、長時間かけているとやはり目が疲れてしまいます。それだけでなく、目・鼻の付け根や耳など、眼鏡が当たる部分が痛くなってしまい何度もかけたり外したりを繰り返していました。

 

そんなに重くないと思われる眼鏡ですが、本来であれば人間に必要のないもの。それを自分の身に着けることは、体の負担になるのだなと感じました。

 

コンタクトと眼鏡のおかげで、私は目の見える生活を送れてきました。 とても感謝しています。約10年、そんな生活を送ってきましたが、「楽で快適な生活を送りたい!」 そんな思いがつのり、わたしはレーシックを受けたのでした。

 

疑問を聞いてみよう

レーシック手術を受けたことを告白すると、周りからいろいろな反応が返ってきます。

 

中でも視力が低い方は、レーシック手術に興味津々です。インターネットなどで自分なりに調べている方も多いのですが、やはり実際に手術をうけた人の話は聞きたいと言いますね。

 

経験した人の話は、自分で言うのもなんですがリアリティがあります。いろいろと聞かれまずが、実際に経験したことなので細かく答えることができます。

 

皆さんレーシックをうけたいとは思うものの、なかなか一歩踏み出せない方はやはり多いようですね。私もそんな一人でしたから、お気持ち分かります。

 

興味はあるけれど、まだ一般的な手術ではないと思っていました。しかし、真剣に手術を考え始めたある時、周りに聞いてみたのです。 そうしたら意外と手術している人が多いですね。

 

私の直接の知り合い、そのまた知り合いと数えると、なんと5人もいました。知らなかっただけで、身近に経験者がいたことに驚きましたが、それだけレーシックが一般的になっているということですね。

 

そしてレーシックをうけた人も、普通の人と何ら変わらない生活をしているということ。私もレーシックをうけましたが、うけたことも普段忘れているくらいですから、あえて話さない人は多いと思います。

 

機会がありましたらぜひ、周りの人に聞いてみてください。クリニックの雰囲気や料金、そして手術内容など、経験者のリアルな声がきけると思いますよ。

 

レーシック手術をして良かったこと、後悔したこと

まず、レーシック手術を受けて良かったこと。

常に見える

朝起きてから寝るまで、常に快適です。 コンタクトを落として片目が見えない!眼鏡のレンズが割れた・・・どうしよう。なんて、もしものトラブルもないから、いつでも安心です。

 

目が疲れにくい

コンタクトをしていると、目が乾いたり、ずれて痛くなったりすることがあります。眼鏡の度が合わないと、『どうにか見えるように』と目を細めて、目に負担をかけてしまいがちです。レーシックで視力が回復した後は、目に無理をさせることが減ると思いますよ。

 

時間が有効に使える

コンタクトを使用していた方は、洗浄の時間がなくなるので、だいぶ楽になると思います。また、目が見えないもどかしさや、イライラがなくなります。そのため、視力について悩む時間がなくなり、物事に集中できます。

 

自信が持てる

『目が悪い』ことは、私にとってはコンプレックスでした。 「眼鏡をかけさせて」と言う友達が次に言う言葉は「度がきついね!」  些細なことですが、劣っているような気がしていやでした。 レーシックを受けてからは、自信が持てるようになりました。

 

見た目はコンタクトをしている時と変わらないのに、目が悪かったという事実は消えないのに、不思議なものですね。 今では「レーシック手術をうけた」と言う時、誇らしい気持ちさえあります。

 

最後になりますが、後悔したこと。

手術が始まる瞬間「やっぱ恐い」と思って一瞬後悔しましたが、その時だけです。他には本当に思いつきません。嬉しいことに、手術も上手くいって経過も順調なので言うことなしです。

関連ページ

きっかけは友達の熱心な解説
レーシックを受けた理由と体験談。友達の熱心な解説がきっかけ。手術費もある程度保険でまかないました。
こんな不便もありました
レーシックを受けた理由と体験談。こんな不便もありました。
レーシック手術から4年
レーシック手術から4年経ちました。
運送業やってます。車の運転に最高です。
運送業やっています。目が悪く、雨の日は特に見づらいのでレーシックを受けることにしました。事故をおこしたらまずいので。私の体験談です。
見えないストレスから解放!
レーシックで、良く見えないというストレスから解放されました。
コンタクトと比較して
レーシックとコンタクトを比較すると、長い目で見るとレーシックがいいのかなと思います。
再手術を受けました。
レーシックで再手術を受けました。最初はショックだったけど、なぜ再手術が必要なのかの理由。
手術から10年経ちました。
レーシック手術を受けてもうすぐ10年です。視力は1.0で安定していて全く問題ないです。
将来の視力はどうなのか?不安も。
術後の視力は安定しています。でもレーシックは将来の視力が不安ですね。
手術は有給を取ってから!
レーシックを受けるときは、手術後のことを考えて有給を取っておきましょう。
読書がしにくい。
レーシックを受けて視力回復したのはいいけど、大好きな読書がしにくくなりました。近くを見過ぎてまた近視になるのも怖いな。
視力戻りしています
レーシック手術で後悔してます。手術を受けて2年した頃、近視戻りが出たからです。せっかくレイシック受けたのにな。後悔しても仕方ないから、再手術をどうしようか迷ってます。