レーシック 4年

MENU
レーシック保険適用のご案内|体験談:手術から4年

レーシックから4年。今の状況

私のレーシック前の視力は0.07くらいでした。それが、手術後には両目2.0になりました。最初はぎょっとするほど見えます。そして、だんだんと落ち着いてきて1.5くらいになる人が多いようです。

 

私の今の生活は、長時間パソコンを眺めることが多く、あまり目に良い状態とはいえませんが、 それでも術後4年たちますが、1.5を保っています。

 

何よりも意識が変わりました。一度失った物をまた手に入れることができた喜びから、今度はぜったいに手放したくない!という思いがあります。

 

なので、パソコンから離れられないときもできるだけ休憩して遠くを見たり、目に良いとされる栄養のあるものを食べるように心がけたりしています。

 

いずれ老眼が始まれば、またメガネをかけないといけないかもしれないし、私の母のように白内障の手術が必要になるかもしれません。

 

それでも、本当に目覚しい進歩を遂げている眼科治療は、これからも研究が進んでいくでしょうし、 逆に今は大丈夫とされているレーシックが今後危険とされる可能性もなくはありません。

 

大事なのは、自分で自分をケアするために常に情報を得るアンテナを張っておくこと、自分で情報を選択すること、だと思います。

 

近視を矯正したからといって、人生すべてがよくなるわけではありません。 でも、何もつけずに素の自分でいられることに、私は喜びを感じるのです。 レーシックは、自分の生活を大事にすることを教えてくれたと思っています。

 

レーシックと年齢の事

レーシック手術をを受けるなら若いうちに、とよく言われます。 これは、単純に回復力の話ではなくて、老眼が始まってしまうと、また結局視力が落ちてしまうからです。

 

近視と老眼のメカニズムは違いますから、同じ手術では対応できません。老眼矯正手術を受けないといけないのです。

 

老眼は早い人で30代後半から始まるといわれています。私の友人でも、当時40になったばかりでしたが、レーシック直後からどうやら老眼が始まってしまったらしく、すごく悔しい、もっと若いときにレーシックがあればよかったのにと言っていました。

 

それでも、一度視力を回復するすばらしさを味わってしまった彼女は、またそのうち老眼矯正の手術したい!と前向きでした。

 

私もいずれ同じことを言うんだと思います。それだけ、見えないつらさと見える喜びを知っているからです。視力矯正手術の分野は、他の医療と比べても、今ものすごい勢いで進歩している分野です。

 

次々に新しいことが可能になっているようで、老眼視力矯正についても同じです。私がレーシックを受けたクリニックのHPをチェックしてみると、『40歳からのレーシック』というかたちで、 通常のレーシック手術や白内障手術を受けた後の人向けに特集が組まれていました。

 

選択肢が増えた分、選ぶのがちょっと大変だと思いますので、必ず病院としっかり相談してください。 高額な手術ほど良い、オプションは多いほど良い、とはいえません。 一人ひとりの状態に最適な手術を一緒に考えてくれる病院を見つけてください。

 

とはいえ、一人でも多くの方が視力回復できる希望が増えていくのは、本当に本当にすばらしいことだと思います。

 

レーシックの失敗が怖い方へのアドバイス

レーシックを受けようか迷っている人は、とにかく怖いのが手術の失敗ですよね。視覚は人間の体の機能の中でもかなり重要な部分ですから、その目を手術するにはきちんと自分が納得してから手術を受けることが大事です。

 

『レーシック 失敗』などで、検索してみると、意外にも被害にあっているような話もあります。でも、これら全部が本当かどうかは分かりません。

 

というのも、これだけひどい状態なのであれば当然公にして訴訟にならないとおかしいと思うのですが、訴訟が起きているのは術後の感染症に関して、です。

 

ただ、何より火の無いところに煙はたちませんから、何%かの人にこういうこと悲しいことが実際に起きているという可能性はあるのかもしれません。

 

私も手術前、自分がもしこの何%かの確立に入ってしまったら?とものすごく不安になりました。それでも、悩んだ末にどうしても受けたい、と決めたのは、とにかく裸眼で暮らしたい、という強い思いからでした。

 

不安になったら、たくさん調べて、病院とも、家族や友達ともしっかり相談してください。

 

最終的に決めるのは自分ですから、調べてたくさん知識をつけ、情報を取捨選択してください。何事も、聞いた話だけを鵜呑みにしてはいけません。

 

病院で説明を受けるときは、何人かグループで受けるのですがみんな熱心に、しつこいぐらいに質問していました。それだけ、みんな不安なのです。

 

そういう念入りな質問にどれだけ一生懸命答えてくれるかで、病院の信頼性もわかります。 近視矯正手術は、受けなければ死ぬ、というものではありません、調べて納得できなければ、受けないと決めるのも、もちろん自由なのです。

 

レーシックは痛いのか?

たいていのレーシック医療機関のHPでは、痛みはゼロ!とうたっています。手術中に関して言えば、そのとおり、です。しかし、手術のための麻酔は術後2、3時間すると弱くなってきます。そのあとは、痛み止めの目薬で紛らわせるのですが、これがなかなか痛いです。

 

人によっては我慢できないくらい痛い人もいるようですし、私の場合は痛い+かゆい、という感じでした。あらわすなら、ジクジク、とかジンジンといった感じです。

 

ところで、手術中の麻酔ですが、目だけの局部麻酔なので、機械でぐぐっと押し上げられているまぶたや顔は痛さや圧迫感はあります。
そして何より、意識がはっきりしているため、恐怖感がものすごいです。くっきりとではないですが、いちおう見える状態なので、機械が目に向かってくるのが見えて、私はちょっとした錯乱状態になりました。

 

レビュー記事でこのことに触れている方も多いので参考にしてほしいと思いますが、とにかくこわがりやさんにはきついです。 でも、5分間我慢できれば大丈夫ですけどね。

 

最初の検査から消毒、フリップ作成、レーザー照射、術後チェックと、違う部屋で行われ、自力で歩いていかなければいけないのがちょっと面倒でした。他のクリニックは知りませんけどね。

 

もし、自分がちょっと怖がりだな、と思う方はそれなりに覚悟して、当日はとにかく音楽を聴くなどしてリラックスするようにしてくださいね!手術が終われば違う生活が待ってますので。

関連ページ

きっかけは友達の熱心な解説
レーシックを受けた理由と体験談。友達の熱心な解説がきっかけ。手術費もある程度保険でまかないました。
こんな不便もありました
レーシックを受けた理由と体験談。こんな不便もありました。
運送業やってます。車の運転に最高です。
運送業やっています。目が悪く、雨の日は特に見づらいのでレーシックを受けることにしました。事故をおこしたらまずいので。私の体験談です。
良かったこと、後悔したこと。
レーシック手術を受けて良かったこと、後悔したこと。
見えないストレスから解放!
レーシックで、良く見えないというストレスから解放されました。
コンタクトと比較して
レーシックとコンタクトを比較すると、長い目で見るとレーシックがいいのかなと思います。
再手術を受けました。
レーシックで再手術を受けました。最初はショックだったけど、なぜ再手術が必要なのかの理由。
手術から10年経ちました。
レーシック手術を受けてもうすぐ10年です。視力は1.0で安定していて全く問題ないです。
将来の視力はどうなのか?不安も。
術後の視力は安定しています。でもレーシックは将来の視力が不安ですね。
手術は有給を取ってから!
レーシックを受けるときは、手術後のことを考えて有給を取っておきましょう。
読書がしにくい。
レーシックを受けて視力回復したのはいいけど、大好きな読書がしにくくなりました。近くを見過ぎてまた近視になるのも怖いな。
視力戻りしています
レーシック手術で後悔してます。手術を受けて2年した頃、近視戻りが出たからです。せっかくレイシック受けたのにな。後悔しても仕方ないから、再手術をどうしようか迷ってます。