レーシック 老眼

MENU
レーシック保険適用のご案内|老眼治療できる?

老眼治療できる?

老眼の症状がある40歳から65歳の方で、日常生活で目にする物をこれまでよりもくっきりと見えるようにしたい場合のレーシック手術は、カメライインレーがもっとも効果的です。

 

カメラインレーとは目の角膜内に非常に小さなリングを挿入する施術方法。これによって、遠くのものも近くのものも、苦労することなく良く見えるようになります。

 

今までのレーシック手術では遠くの視力が下がるリスクがありましたが、このカメラインレーは老眼治療専用の治療法なので、リスクなしに視力の改善が可能なのが最大の特徴です。

 

カメラインレーの注意点

ただ、カメラインレーの老眼治療には2つの注意点があります。

 

1つ目は、老眼の症状があっても緑内障などを患っていたり、すでに過去にレーシックの施術経験がある場合は老眼治療を施すことはできません。

 

2つ目は、術後は視力が安定するまでに時間がかかるということ。だいたい施術後3ヶ月で安定するようになります。
その期間さえ終われば、老眼のわずらわしさから解放されますね。

関連ページ

レーシックの基礎
レーシックとは最新レーザーを使った今人気の視力回復手術のことです。コンタクトレンズや眼鏡から解放されるだけでなく、女性にとってはメガネの不要なファッションができると人気です。
1ランク上のイントラレーシック
イントラレーシックはレーシック手術に比べ格段に精度の高い治療が可能な視力回復手術です。イントラレーシックにより薄い角膜や強い近視のでも安全に手術対応することが可能となりました。
失敗や失明しない?
レーシックは失敗や失明が心配になりますが。目の手術ですから不安に思うのは自然です。レーシックはレベルの高い安全な手術ですので、失敗や失明の心配はまず不要です。ほとんどの方が1.0〜1.5以上に視力回復しています。
手術前後の注意点
レーシック手術の注意点をチェックしておきましょう。先ず最初は、目がレーシック手術を行える状態であるかどうかです。事前検査を受け、眼の状態によりレーシック手術を受けられるか医師が判断します。