レーシック 失敗 失明

MENU
レーシック保険適用のご案内|失敗や失明しない?

失敗や失明しない?

レーシック手術と聞くと、失敗や失明が頭に浮かびます。体の中でも超デリケートな目の手術ですから、不安に思うのはごく自然ですし誰もがそう思います。

 

しかし、レーシック眼科のホームページ紹介にもあるように、多くのスポーツ選手や芸能人も受けているかなり安全な手術です。

 

確実に視力回復するのか?

レーシック眼科にもよりますが、中度近視の場合約97%以上の方が1.0以上の視力を得られ、 約4割の方が1.5、5割の方が2.0に回復されています。

 

それは、眼科に行った初日に手術を受けることはなく、人それぞれの最適な結果を得られるように 手術日以前に眼の検査を行うからです。この綿密な検査データによりその人に合った手術が提案されます。 眼の状態によっては手術を行えないこともあります。

 

しかしレーシックは手術することにに変わりありませんので、 万一のリスクがゼロではないことを忘れてはなりません。

 

レーシックに失敗しないために
  • 資料請求や眼科への問合せをし、納得するまで情報収集する
  • 症例数(実績)の多い眼科を選ぶ
  • 手術前の検査を受け、医師には不安や不明点をおもいきりぶつける
  • 眼科医の経験は十分にあるか聞いてみる
  • スタッフの対応が良いか、アフターケアがしっかりしているか

 

以上はレーシックを受ける前に必ずチェックしてください。

関連ページ

レーシックの基礎
レーシックとは最新レーザーを使った今人気の視力回復手術のことです。コンタクトレンズや眼鏡から解放されるだけでなく、女性にとってはメガネの不要なファッションができると人気です。
1ランク上のイントラレーシック
イントラレーシックはレーシック手術に比べ格段に精度の高い治療が可能な視力回復手術です。イントラレーシックにより薄い角膜や強い近視のでも安全に手術対応することが可能となりました。
老眼治療できる?
レーシック手術で老眼は治る。40歳を超える頃から老眼は出始めます。最近ではレーシックで老眼治療する方も増えています。
手術前後の注意点
レーシック手術の注意点をチェックしておきましょう。先ず最初は、目がレーシック手術を行える状態であるかどうかです。事前検査を受け、眼の状態によりレーシック手術を受けられるか医師が判断します。