イントラレーシック 保険

MENU
レーシック保険適用のご案内|1ランク上のイントラレーシック

イントラレーシックはレーザーの精度が超高い!

イントラレーシックは普通のレーシック手術より、格段に精度の高い治療を可能にしたものです。 特に近年は多くの著名人がレーシックを受けていることもあり、受診者も年々増加しています。

 

治療の流れはレーシックと同じく角膜の表面を薄くスライスしフラップ(ふた)を作り、フラップをめくった角膜の実質層にマレーザーを照射するのですが、 イントラレーシックはこのフラップの作り方の精度が違います。

 

レーシックはマイクロケラトームというカンナに似た機器で角膜の表面を削りますが、この場合フラップ面が多少ですが粗雑になります。
一方、イントラレーシックはイントラレーザーを照射してコンピュータ制御でフラップを作るため、今まで以上に精度の高い安定したレーシック治療を行うことができます。

 

よって、今まで治療が困難だった薄い角膜や強い近視の場合でも安全に対応することが可能となりました。

関連ページ

レーシックの基礎
レーシックとは最新レーザーを使った今人気の視力回復手術のことです。コンタクトレンズや眼鏡から解放されるだけでなく、女性にとってはメガネの不要なファッションができると人気です。
失敗や失明しない?
レーシックは失敗や失明が心配になりますが。目の手術ですから不安に思うのは自然です。レーシックはレベルの高い安全な手術ですので、失敗や失明の心配はまず不要です。ほとんどの方が1.0〜1.5以上に視力回復しています。
老眼治療できる?
レーシック手術で老眼は治る。40歳を超える頃から老眼は出始めます。最近ではレーシックで老眼治療する方も増えています。
手術前後の注意点
レーシック手術の注意点をチェックしておきましょう。先ず最初は、目がレーシック手術を行える状態であるかどうかです。事前検査を受け、眼の状態によりレーシック手術を受けられるか医師が判断します。