レーシック 注意点

MENU
レーシック保険適用のご案内|手術前後の注意点

手術前後の注意点

安全・安心なレーシックのために、手術前後の注意点をまとめてありますのでチェックしてみてください。

 

レーシック手術前

手術前には一番最初に眼が手術を行えるかどうか、レーシック眼科の専門医が正確な検査を行います。眼科にもよりますが2〜3時間ほどかかります。 この時に、分からないこと、疑問に思うことは検査のときに医師にしっかり聞いておきましょう。

 

また、医師の説明をより理解するためにもレーシックのことについてはこのページである程度は理解しておきましょう。

 

チェックすること【手術前】

  • コンタクトはしていますか?コンタクトは5〜10日前には使用をやめましょう。
  • 本人が乗り物を運転しての通院は控えてください。点眼薬で瞳孔を開くため、しばらくはピントが合いません。

 

レーシック手術後

手術の時間は両眼で20分くらいです。その後数分休憩をして、医師の診察を受けてから帰宅となります。

チェックすること【手術後】

  • 手術後すぐには視力やピントが安定しません。車やバイクの運転は控えてください。
  • ほこりが眼に入らないように保護用眼鏡を忘れないようにしましょう。
  • 目に触ったりこすったりしないようにしてください。
  • 入浴や洗顔は手術の翌日検診まで控えてください。
  • 目の周りのお化粧は10日間使用を控えてください。
  • 眼科から処方された内服薬・目薬はきちんと服用ください。
  • 運動はしばらく控えましょう。

関連ページ

レーシックの基礎
レーシックとは最新レーザーを使った今人気の視力回復手術のことです。コンタクトレンズや眼鏡から解放されるだけでなく、女性にとってはメガネの不要なファッションができると人気です。
1ランク上のイントラレーシック
イントラレーシックはレーシック手術に比べ格段に精度の高い治療が可能な視力回復手術です。イントラレーシックにより薄い角膜や強い近視のでも安全に手術対応することが可能となりました。
失敗や失明しない?
レーシックは失敗や失明が心配になりますが。目の手術ですから不安に思うのは自然です。レーシックはレベルの高い安全な手術ですので、失敗や失明の心配はまず不要です。ほとんどの方が1.0〜1.5以上に視力回復しています。
老眼治療できる?
レーシック手術で老眼は治る。40歳を超える頃から老眼は出始めます。最近ではレーシックで老眼治療する方も増えています。