包茎 悩み

包茎手術で失敗しないように−包茎男性20人 悩みの声1

包茎男性20人 今の悩みとは?

包茎男性20人に、彼女との関係、SEXのこと、旅行での苦痛、できれば手術はしたくない・・・ など、今抱えている悩みについて聞きました。

 

包茎だとどんな不都合があるのか?
それを無難に解決する方法はあるのか・・・

 

【証言1】−彼女に隠し続けてるけど、もう限界かもしれない−

思春期の頃からずっと包茎に悩み続けています。せっかく可愛い子と付き合えても、笑われるのが怖くて初エッチまでに時間がかかりすぎてしまったり、 悩み過ぎて性格が陰気になってしまってたりと、色々と生活面に影響が出てしまっています。

 

今の彼女とも、付き合ってからもう七ヶ月が経つのに、まだセックスできていません。 彼女は自分が悪いと思い込んでる様ですが、もちろん原因は僕の包茎。

 

「何で抱いてくれないの?」

 

と訊かれることもありますが、どう答えたらいいか分かりません。というより、絶対答えられないです。

 

「性欲薄いから」とか「まだ時期じゃないと思う」とか、今は適当な感じでごまかしてますが、 もちろん納得して貰えません。そろそろ彼女も限界に来ている様です。

 

もしかしたらこのまま、別れ話になってしまうかもしれません。でも理由なんて絶対話せないし、理由を話したら確実に引かれると思います。

 

もしいざエッチをするとなったとしても、包茎にドン引きされてしまったら、 もう本当に、立ち直れないかもしれません。そろそろ童貞も卒業したいし、でも性器を見せるのは絶対に嫌です。

 

本当に、本当に悩んでます。

 

【証言2】−銭湯でソワソワしてしまう−

別に、見られた所で何か問題が生じる訳でもないのに、包茎を隠すことに必死になりがちです。 彼女にはバレざるを得ませんが、隠し通せそうな人物(男性慣れしてない)が相手の場合は、絶対に隠し通します。

 

女性と交際する場合は、相手が無知じゃないと怖くて抱けないので、処女としかセックスしないようにしてます。 包茎がバレて、コイツ格好悪いなと思われるのが本当に怖いです。

 

そして、そういう自分の気の小ささにすごく疲れてます。

 

見栄っ張りかもしれませんが、包茎だということは周囲にはなるべく勘づかれたくないです。 包茎に悩んでることが誰かにバレたら、もうその時は死ぬしかないんじゃないかとすら思ってます。

 

包茎なのは仕方ないし、日本人男性なんてみんな包茎なのに、それでも見栄を張りたくなってしまいがちです。 自分だけじゃないと分かっていても、どうしても銭湯でソワソワしてしまいます。

 

隠さなくていいのに、銭湯に行くとソワソワ、オロオロ…。

 

我ながら女々しいな、と感じます。タオルで隠してみたり、包茎を恥ずかしがってるのがバレないように、 「僕は何も気にしてませんよ」という顔を作ってみたりするのは、私が自意識過剰だからでしょうか?

 

銭湯の雰囲気が大好きなのですが、最近ではもう包茎を見られることを恐れるあまり、 行く頻度が減ってきてます…。

 

【証言3】−女性恐怖症です−

私は現在45歳で、無職で、彼女いない歴=年齢で、しかも重度の真性包茎の持ち主です。

 

包茎だからということを理由に恋愛を諦めるのは勿体ないと思い、頑張った時期もありましたが、全然ダメでした。 彼女を作ろうと思って頑張っていた時期があったのですが(バイトの同僚に告白、 寝る前にメールで自分の存在をアピール、誕生日にダイヤの指輪等)、いずれも玉砕しています。

 

あまりのショックに「何で?僕が包茎だから嫌なの?」と、意味の分からないことを言ってしまったのですが、 彼女からは「そういう発言も怖いし、付き合ってもいないのに、数万円もする指輪をくれるなんて、重過ぎる」と、 ごもっともなことを言われてしまって、さらに落ち込むことになりました。

 

それからはずっと、アニメの女性としか向き合うことができません。現実の女性は嫌いです。嫌いというか、恐怖の対象です。

 

いつもニコニコしている様な、優しく穏やかな女性に遭遇しても、 「コイツも、いざエッチすることになって僕の包茎を目にしたら、一気にドン引きするんだろうな」 と感じてしまいますし、冷めた目で見てしまいます。

 

もし、自分が包茎じゃなかったら、手術する勇気とお金があったら…、と。考えても仕方がないことばかり考えてしまいます。

 

最近では、同性の友人の視線も怖いくらいです。相手が心の底で自分を嗤っている様な気がしてしまい、毎日が辛いです。

 

【証言4】−包茎のせいで、嘘の多い人生になってしまった−

周囲には、「彼女が出来たのは高校三年生の頃で、その時の彼女とのエッチが人生初のエッチで、 勃起すれば自然と剥けるし、包茎でも俺は全然平気」という嘘を吐いてますが、実は全部ウソです。

 

本当は彼女なんていたことありません。23年間、デートもまともにしたことがありません。

 

素人童貞だし、初エッチは近所の小汚いソープで働いていた友近似のおばさんだし、 包茎が酷すぎて全然気持ち良くなかったし、もう最悪です。

 

周囲からは割と「モテそう」、「イケメン」と言われることも多いので、 見栄を張ってそういうウソばかり吐いているのですが、本当は告白されたことも一度もないし、女性とコミュニケーションを取るのもかなりニガテです。

 

せっかく誘われても怖くて誘いに乗れないし、すごく可愛い子からアプローチされても断ってます。

 

「この子、俺が真性包茎だって知らないからこんなに優しいんだろうなぁ…、 この包茎を見たらショック受けるんだろうなぁ…」と、誘われる度にマイナスに考えてしまいます。

 

おかげで周囲からは「羨ましい」とか「モテるやつは、やっぱり余裕があるよね」とか言われてますが、 事実とイメージがあまりにも乖離していて、プレッシャーがすごく大きいです。

 

本当のことを話せる友達なんて一人もいないので、絶望してます。

 

【証言5】−何をやっても変わらない、でも手術はしたくない−

真性包茎に限りなく近い仮性包茎の持ち主です。包皮の量が多く、剥いてもすぐに元に戻ります。

 

中学時代は、包皮が余り過ぎているこの包茎が原因となって、同級生から酷いイジメを受けたこともありました。 好きな女性から、包茎のことをなじられたこともありました。

 

どちらかと言えば、しんどいことの方が多い人生だったと思ってます。

 

しかし、自分なりのポリシーがあり、手術だけは絶対にしたくないと考えてます。 悩み続けてはいるものの、手術をするのだけは絶対に嫌なので、自力で治すべく努力してます。

 

雑誌に載ってた裏技類は一通り試しましたし、剥くのを手癖にしてみたりもしました。 何をやっても、皮が伸びるばかりで、サイズも張りもあまり変わりませんでしたが、 いつかはきっと治ると信じて努力し続けてきました。

 

でも最近は諦め始めています。

 

十代の頃から色々な手を尽くしてきましたが、状態はハッキリ言って、ほとんど変わっていません。 包茎を理由に修学旅行を休み、包茎を解消するべく一日何時間も訓練し、 包茎を理由に女性との交際を諦めながら生きてきましたが、もう無駄なんじゃないかと感じています。

 

包茎と共に歩んできたと言っても過言ではない、三十年でしたが、もうそろそろ 自力で努力することを諦める時期に来たのかも知れません。

 

でも手術だけは本当に嫌なので、どうするべきか悩み続けてます。

 

【証言6】−何をやっても変わらない、でも手術はしたくない−

包茎ではあるものの、つい最近までほとんど気にせずに生活してました。 包茎で困ったことなんて一つもありませんでした。

 

別に気にしても仕方ないし、包茎だからといってイジめられる訳でもないし、 友達もほぼ全員包茎なので、気にするのはバカだとすら思っていたのです。

 

でも最近、彼女を傷付けてしまう出来事があり、その原因が私の包茎だったので、 それを機に包茎であることを悩む様になりました。 キッカケとなった出来事は、本当に、誰にでもある様な些細なことです。

 

私の性器がどちらかと言えば小さく、早く達してしまうのに対し、彼女はイくことがなく、 絶頂に達した経験も一度もなかったので、彼女が「体の相性の悪さ」を気にする様になってしまったのです。

 

最初は「彼女が神経質なだけ」と思っていたのですが、彼女の悩み方がどうやら尋常ではないレベルらしく、 共通の友人に訊いた所、最近では精神病院にまで通いつめているようなのです。

 

正直すごくショックを受けましたが、手術をするにもお金がかかるので、どうしたらいいか分かりません。 絶頂に達するのが早すぎるは、彼女のせいではなく、包茎が原因なのに…。

 

誤解を解くのにも時間がかかりそうなので、ため息ばかりついてます。

 

【証言7】−モテない訳じゃないのに、自信が持てません−

僕は、自分で言うのも難ですが、行く先行く先でイケメンと言われます。自分でも自分の顔を格好いいと思ってますし、顔には自信があります。

 

ハッキリ言って女性からは、尋常じゃなくモテます。でも、劣等感が酷いです。

 

美形だねと言われるし、バスケ部で活躍してた頃は、新聞の取材を受ける程有名だったし、 他校の女子にもモテていたし、成績も良かったのに、真性包茎を理由に、学生時代は彼女を一人も作りませんでした。

 

女性から告白されても、「この子は、自分の性器の事情を知っているのではないか?」、 「包茎を笑う為に自分にアプローチをかけてきたのでは?」と疑心暗鬼になってしまい、 受け入れることができません。

 

それに、手術するにも手術できないです…。恥ずかしくて病院にも行けないし、誰かに手術したことがバレた時のことを考えると不安でたまりません。格好悪くて診察にも行けません。 しかも、仮性包茎ならまだしも、僕の性器は自分の手で剥くこともままならない真性包茎。

 

色々な人から、「モデルみたいに格好いいのに、何で彼女作らないの?」と訊かれますが、 口ごもるばかりでどう答えたらいいか分かりません。このままだと暗い性格になってしまいそうです…。劣等感が酷く、毎日が苦痛の連続です…。

 

【証言8】−あまりにも辛い、大恋愛の結末。−

どうして包茎として生まれてきてしまったのか、どうして、こんな体なのか。 自慰をするにも痛みが走り、ただ尿を出すだけで苦痛に顔をゆがめる…。

 

日常的にこんなに苦労しなければならないなんて、あまりにも酷です。 ただ痛いだけならまだ良いです。でもそれだけではありません。思うように恋愛を楽しむこともできず、自分に自信を持つこともできないのです。 私は、両親を恨み続けています。

 

辛いある分野に才能があるので、その才能を磨くことで自分をどうにか慰めているのですが、 本音は勿論、「そんなことはどうでもいいから、一人でも多くの女性と快楽を共にしたい」のです。

 

しかし残念ながら、女性に関しては本当に何の才能もないようです。女性と楽しく交際していても、別れる理由は毎回、酷いものばかり。

 

「セックスの相性が悪すぎる」
「こういうペニスなら、付き合う前に一言説明しておいて欲しかった」
「障害や病気があるのと一緒なんだから、付き合ってから言うなんて酷いよ…」

 

上記の言葉は、昔、付き合っていた女性が別れ際に放ったものです。

 

今でも、その時の言葉の一つ一つが胸に刺さっていますし、思い出すと涙が出てきます。 仮性包茎なんて、私から見たら何でもない要素です。

 

私ほどの包茎ともなると、生きる勇気もしぼんでいきます。あまりにも辛いです。

 

【証言9】−社員旅行が苦痛−

すごく性器が小さいので、温泉に行くとどうしても挙動不審になってしまいます。 以前銭湯へ行った際、六歳くらいの男児に「お父さん、見てー!この人の、変ー!!」 と叫ばれてしまったことがあり、それ以来、他人に性器を見られるのが本格的に恐ろしくなってしまったのです。

 

社員旅行などに行く際も、バレないように少し大きめのタオルを持って行ってます。 しゃがみながらそのタオルで隠してみたり、あえて、メガネを外して前がよく見えなくなってる同僚と 一緒に行動するようにしてみたりと、工夫を凝らしながら温泉に入っているので、 どうにか上手く性器を隠せていますが、すごく疲れます。

 

でも、見られたら確実に、「えっ」という顔をされるのを知ってるので絶対に見られたくないし、 性器の大きさを気にしていることがバレるのも絶対に嫌です。

 

妻は、「他人がどう思おうが、どうでもいいでしょ」と言いますが、やはり、苦痛は苦痛です。 男性のシンボルに自信が持てないというのは、本当にキツいことだと思います。

 

とにかく、せっかく旅行へ行っても、性器を見られるのが怖くて、 タオルで隠すことに必死になってしまうのが本当に嫌です。 落ち着いて、何も考えずに温泉に浸かってみたいです。

 

しかしこの性器でいる限り、一生そういったことはできないことでしょう。 手術したいと思わないわけではありませんが、手術方法への不安と疑問が拭いきれません。

 

【証言10】−セックスレスになりかけてます−

生まれてから二十七年間、ずっと包茎であることを悩み続けてきました。 誰にも相談できない話題なので、ふさぎ込むことも多く、精神薬のお世話になることもあります。

 

セックスに対しても、恐怖心が常につきまとっています。高校時代なども、包茎のせいでロクな思い出がありません。

 

同級生は包茎をネタにして笑っていましたが、私はその輪に入るのも恐ろしくて堪りませんでした。 みんなは剥けるのがどうのと言ってましたが、その頃の私は包皮が剥けたことなんて一度もありませんでした。

 

真性の包茎なので、勃起すると痛くなってしまったり、イくのが早すぎたりします。 女性とセックスしても、相手に戸惑われがちです。

 

酷い時には、まだほとんど何もしてない内に発射してしまったりもします。 そういう時は、彼女から「え?今の何?何が起こったの?」と、白い目で見られてしまいますし、 その次の日にはフラれてます。

 

彼女はなぜか途切れずに出来るのですが、やはり別れるのも早いです。 つい先日も、何度も何度も告白し、やっとの思いで手に入れた女子大生の彼女がいたのですが、 ベッドインの際に「!?」という顔で股間を見られてしまい、その夜を境に、彼女は音信不通となってしまいました。

 

いっそ、最初からセックスレスの女性と付き合った方が上手くいくのかな〜なんて、最近は考えてます。

 

包茎手術で失敗しないように−包茎男性20人 悩みの声1記事一覧

【証言11】−日本にも「割礼」が必要なのでは?−23歳の会社員です。友達のほとんどが包茎なので、「包茎を恥じる必要はない」、と思い続けていました。しかしつい最近、アメリカ人の友達が出来てから、考え方が変わりました。 「日本人は包茎がどんなに汚いものか全然知らないんだよ。自分では全く臭いを感じなくてもね、 相手は激臭を感じてるんだよ!」「割礼できないのは仕方ないけど、せめて大人になったらさ、自分のお...