ペニスの包皮・外板・内板について

 

包皮の仕組みに関する情報を、どれくらいご存じですか?

 

普段、一般的な男性が包皮について感じるのは、「皮がよく伸びる」とか、 「ふにゃふにゃしている」とか、その程度の感想ばかりかと思われます…。

 

テレビで特集できるテーマではないということもあって、あまり詳しくなる機会もないかもしれませんが、 包皮には、覚えておかなくてはならない、重要な二つの性質があるので、ぜひこの記事の中で覚えて帰ってください。

 

まず包皮というのはざっくり分けると、二つの組織で構成されています。

 

一つ目が、【外板側包皮】。
もう一つは【内板側包皮】と言います

 

一つ目の【外板側包皮】は、名前の通り、外側にある包皮です。【外板側包皮】は、外側にある組織である為、内側にあるものを常に守っている様な状態です。

 

二つ目の【内板側包皮】は、(これも説明するまでもなく、名前の通りなのですが…)内側にある包皮です。 常に外側に面している【外板側包皮】に対し、【内板側包皮】は、内側の組織としての役割を果たしています。

 

この二つの要素は、それぞれ全く違う機能を持っています。

 

これらの二つの要素のことを全く知らない成人男性も多いのですが、包茎手術を知るにおいて、この二つの器官は、 かなり重大なポイントを含んでいるので、これらの二点についての詳しい説明は、この続きの記事の中でさせて頂きます。