包茎手術に保険は効くの?

包茎手術の保険は泌尿器科で真性包茎の手術を受ける時に使えます。仮性包茎だと基本的に対象外です。

 

しかし、クリニックで受ける場合は真性包茎でも保険は効きません。

 

この違いは何か?

泌尿器科での包茎手術は病院の治療なので、保険の対象となります。しかし、クリニックの場合は美容整形と同じ扱いなので、保険の対象外となります。

 

どっちがいいのか?

一般的に泌尿器科の治療は包茎を治す最低限の手術を行う事なので、ある程度の手術痕は残ります。 一方、クリニックの場合は美容整形ですから、泌尿器科と違い手術痕が分からないように手術します。

 

費用は?

泌尿器科で治療を受ける場合は保険が効くので、1〜5万円で済みます。クリニックは保険が効かないので、費用は0万円程度はかかります。 ただ注意してほしいのは、ホームページに表示されている金額は最低料金だということ。 包茎治療の程度に依って数十万円かかることもあるので、あらかじめその辺りの理解は必要です。

 

治療の受けやすさ

病院の泌尿器科は女性の看護師さんが治療に立ち会う所もあるので、行きにくいといった欠点があります。 クリニックの場合はスタッフは男性のみなので、精神的な負担は減ります。

 

結論

安く済ませたい、治療痕にはこだわらない、女性がいても気にしない!
⇒ 泌尿器科

 

多少お金がかかってもきれいに仕上げたい、女性には見られたくない!
⇒ クリニック