【証言1】あの時決心して良かった

 

私は10年前に包茎手術を受けました。23歳の時です。

 

仮性包茎だったので手で皮をむくことはできましたが、普段は亀頭が隠れている状態でした。 やはり包茎に対しコンプレックスがあり、女性に対して積極的になれず長年の悩みだったのです。

 

皮をむいた状態で包皮を矯正する治療グッズも数万円かけて通販で購入しましたが、うまくいくことはありませんでした。 包皮が余っているから亀頭にかぶる訳ですので、その時「矯正」ではなく「治療」しかないと思ったんです。

 

そこで意を決してクリニックのカウンセリング予約をしました。後日クリニックに行くと先ずは診察が行われ、その後治療の方法についての説明を受けます。 スタッフは全員男性ですので安心です。

 

治療は後日行いました。
局部麻酔から始まり、レーザーでの手術、縫合まで1時間かからなかったと思います。 もちろん痛みは感じません。

 

術後は麻酔の影響でちょっと腫れた感があり、おしっこのとき飛び散ることがあります。 しかし数日で元に戻りますので、心配はいりません。

 

治療費は仮性包茎のため保険は適用されず、実費清算です。私の場合、長年の包茎のためカリの発達が遅れていたので、包皮が元に戻らない様にカリの補強が必要でした。 カリで包皮をストップさせるイメージでしょうか。

 

補強の方法は、カリの部分にタンパク質の液状の物を注射器で少量流し込みます。この分が数万円です。

 

その2週間後抜糸のためクリニックを訪れ、自分の目で患部を確認しました。(今は「吸収性糸」を使う、抜糸不要の手術もあるようです)

 

患部はとてもきれいに仕上がっており、日が経つにつれ治療痕も次第に消えていきます。 10年経った今でも全く問題なく、自然な仕上がりのままです。

 

治療後、コンプレックスから完全に解放されたことで友人と堂々と温泉にも行けましたし、 女性に対しても積極的になる自信がつきました。

 

もう包茎ではありませんから怖がることはないのです!性交渉の時でも、女性から疑われた事もありません。

 

手術代はかかりますが、それよりもお金には替えられないものを手にすることができたので、 あの時勇気を出して本当に良かったと思います。わずか1時間の治療で長年の悩みから解放された訳ですから。

 

最後に一つアドバイスさせて頂くとしたら、大切な手術ですので治療についてはクリニックのカウンセリング(無料)を受け、 決心したら早めに治療を行ってしまうことをおすすめします。