【後悔1】ウソばかりの広告に愕然としました…(O.H 千葉)

 

「痛くない」
「麻酔はチクッとするだけ」
「術後も痛みは出てこない」
「何かあったとしても、アフターケアはしっかり対応しております」

 

こういった筋書きを読んだ上で手術を受けることを決めたのですが、結果はさんざんでした…。

 

まず、「痛くない」というのは大嘘でした。 状態を診る為に「はい、ちょっと触りますねー」と触られたのですが、その触診が既に痛い!

 

荒い手つきで扱いながら、ぐりぐりしてくるので、その時から「ここ、ちょっとおかしいのでは?」 とは感じていたのですが、「こういう風にしっかり触診しないと、ちゃんと手術できないのかもしれない…」 と感じたので、手術後のことを夢想しながら耐えていました。

 

しかし、手術当日は地獄絵図でした。

 

麻酔はチクッとするだけ?大嘘じゃないか!と思いました。 「局部付近に、二、三回麻酔していきますね〜」と言われ、そのまま本当に二度、 三度と麻酔されてしまいましたが、この麻酔が、刺す度に激痛が走るものだったので、 苦痛に顔をゆがめながら我慢することとなりました。

 

「これも、包茎を治す為の試練なんだから、終わったら夢が叶うんだし…」と自らに言い聞かせてましたが、 手術後も痛みが続き、包帯は赤く染まってしまい、急いで夜の24時に連絡したら 「執刀医ですか?今はおりませんので、対応できかねます」と言われてしまい、もう、怒髪天の状態でした…。

 

今は泌尿器科に通いながら、地道なアフターフォローを受けてます…。