包茎と性病の関係性

 

包茎は元々、色々な弊害を引き起こしがちなものなのですが、実は、性病に非常に感染しやすいといった側面も持ち合わせています。

 

HIVを始めとして、クラミジアやカンジダ、ヘルペス(性器ヘルペス)などこの世界には様々な性感染症があるのですが、 これらの性感染症はそのほとんどが性交渉の後に発症するとされています。

 

性感染症は重度のものになると死を招くこともあるので、なるべく感染しないように気をつけなければならないのですが…。

 

実は包茎の方の場合は、感染しない様に気をつけるのが少々難しかったりするのです。

 

感染を避ける為の予防策としては、性交渉の際にコンドーム・ピルを使用することや、不特定多数との性交渉をしないことなどがありますが、 包茎の方の場合は細菌が繁殖しやすい上に、亀頭の粘膜が弱いという特徴があります。

 

つまり包茎の特徴というのは「感染しやすい」ものばかりなので、包茎男性が不特定多数の異性と性交渉を行うと亀頭が露出している男性に比べ、 性感染症を発症する確率が著しく上がるのです。

 

統計を取っても、包茎の方が性感染症を発症する割合は非常に高くなっているので、不特定多数と性交渉を行う習慣のある包茎の方は、 定期的に性感染症の検査を受ける必要があるかもしれません。