陰茎ガン

 

男性が発症するガンには様々なものがありますが、その内、約1%程度は、「陰茎ガン」といわれる、 男性特有のガンを発症しているとされています。

 

陰茎ガンはその名の通り、男性の陰茎部に発症するガンです。

 

陰険ガンは多くの場合、亀頭部分に発症するようになっており、発症後は尿を排出する為の機能が著しく低下します。扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)と言われることも多いこのガンは、陰茎部悪性腫瘍という腫瘍の一種です。

 

陰茎部悪性腫瘍である陰茎ガンは、大別して「乳頭状増殖型」と「潰瘍浸潤型」の二種類があります。「乳頭状増殖型」の陰茎ガンは進行するにつれ包皮の表面に、ぷつぷつとしたカリフラワーのような腫瘍が形成されるようになります。

 

一方、「潰瘍浸潤型」は陰茎の内部の方に腫瘍が形成されるタイプの陰茎ガンです。乳頭状増殖型とは真逆のタイプのガンであり、表面にはその進行の度合いがハッキリと現れないので、 硬化が大分進行してからガンであることが発覚するケースが多くなっています。

 

陰茎ガンの発見が遅れると大腿部までガンが進行してしまうことがあるので、恥ずかしかったとしても 上記の様な症状が現れ始めた際は、すぐに病院へ直行しましょう。