尿路感染症

 

尿路感染症もまた、包茎の人が掛かりやすい症状の一つです。

 

膀胱炎(ぼうこうえん)、腎盂腎炎(じんうじんえん)などの症状の総称が【尿路感染症】となっており、 尿路に細菌が侵入するとこの尿路感染症という症状を引き起こしてしまうのです。

 

ちなみに尿路とは何かというと、名前の通り尿の通り路である「尿道」を指しています。

 

尿は「腎臓」で作られて腎盂→尿管→膀胱、そして尿道を通過してくるのですが、 包皮と亀頭の間に細菌が発生していると、尿道(尿道)にその細菌が侵入してしまうことがあるのです。

 

尿道に細菌が侵入してしまうと、その細菌は尿の通り道を逆行して行ってしまいます。

 

分かりやすく言うと、腎臓で作られ、腎盂→尿管→膀胱→尿道という順序を経て下へ下へと形成されている 「尿の為の道」を、包茎から発生した細菌が上っていき、尿道→膀胱→尿管→腎盂と、浸食していってしまうのです。

 

運良く細菌が膀胱部分でストップしてくれたりその時点で治療できたりすると「膀胱炎」で済みますが、 膀胱炎を放置してしまうとそのまま腎盂・腎臓の方にまで達し、腎盂腎炎などを引き起こします。

 

包茎の方は、普段からこまめに尿道付近の恥垢・尿の残滓をしっかり拭き取っておけば 尿路感染症の様な症状を引き起こさずに済むのでしっかり体を洗うようにし、 尿道付近に違和感を覚えた場合は早急に病院に行くようにしてみましょう。