包茎 病気

包茎手術で失敗しないように−包茎だとなりやすい病気とは?

包茎だとなりやすい病気とは?

包茎は余っている包皮と亀頭の間にアカや雑菌が溜まりやすく、 きれいにしたつもりでも意外と汚れが取れていなかったりします。

 

こうしたことが原因で、真性包茎はもちろん仮性包茎の方も、包茎だからなりやすい病気というのがあります。

 

ここでは特に注意が必要な亀頭包皮炎、閉塞性乾燥性亀頭炎、尿路感染症、陰茎ガン、包茎と性病の関係性について解説して行きます。

 

包茎は包皮が亀頭にかぶっていますから、汗や臭いがそこに溜まりやすいです。毎日こまめにお風呂でゴシゴシ洗っていればまだいいですが、数日放っておいたら臭いと雑菌が繁殖します。

 

日頃は小便のアンモニアもこびりついて不衛生になりやすいですからね。何もしないと、ひどい時は亀頭に白い垢(あか)が付きます。そうなる前に皮をむいて、こまめに石鹸せ洗いましょう。

 

包茎の種類とデメリットについて

真性包茎と仮性包茎の違いとは。仮性なら皮がむけるからセックスはできます。でも真性はむけないからできません。ただ、どちらも普段は皮がかぶっているから、自分でむいてきれいにしないと異臭の元になりますよ。

 

一口に「包茎」といってもいくつかの種類に分けられます。大きく分けると、2種類あります。自分で皮をむくことのできるのが「仮性包茎」です。これは性行時には特に問題はないでしょう。

 

ところが、どうしても皮をむくことができないのが「真性包茎」なのです。こちらはちょっと深刻ですね。自分で無理にむこうとしても痛くてむけないのです。そのためいろいろと弊害が出てきます。

 

見た目が子供じみて見えてしまうのは男として恥ずかしいという思いはあるでしょう。たとえば銭湯へ行って、大浴場につかるときなど、どうしてもタオルで前を隠して入らないととても人前にさらすことはできないというのが本音ですね。

 

包茎の弊害はそれだけではありません。まず亀頭が皮に覆われているため、亀頭と皮の間に雑菌がたまり繁殖するのです。仮性包茎の人であればたまに自分で風呂場などで掃除できるでしょうけれども真性包茎の人はそれができないので深刻です。

 

そんな状態で、女性と性行為を行うと女性の性器に対しても雑菌が移ってしまい、悪影響を及ぼす恐れもあります。また、女性がよく口にすることですが、包茎は異臭がすることが多いのです。

 

上述の通り、雑菌が繁殖するため、包茎の人は自分ではあまり気づかないかも知れませんが、女性は敏感に臭いを感じてしまうのです。このように、包茎はデメリットが多いのです。

包茎手術で失敗しないように−包茎だとなりやすい病気とは?記事一覧

【亀頭包皮炎】とは、亀頭に炎症が起こってしまっている状態のことを言います。亀頭に残りがちな尿の残滓(ざんさい:残りかすのこと))や、恥垢(ちこう:陰茎や陰唇などのひだの間にたまるアカのような分泌物) などを取り除かずに放置していると、この状態になります。亀頭に細菌が繁殖してしまうと、膿が出たり、赤くなってしまったりという形で、【炎症】が起きてしまうのですが、 実はこの亀頭包皮炎…、【包皮炎】とセッ...

記事の中で何度も訴えていることですが、包茎の方は、垢が溜まりやすいのでどうしても炎症を起こしやすくなっています。その為、包茎の方が掛かりやすい病気というのがいくつかあり、その内の一つがこの【閉塞性乾燥亀裂炎】となっています。閉塞性乾燥亀裂炎は、亀頭炎や包皮炎が慢性化すると、発症することがある症状です。ただの炎症とは異なり、尿意を催しても排尿できなくなることも出てくる、恐ろしい炎症症状です。通院して...

尿路感染症もまた、包茎の人が掛かりやすい症状の一つです。膀胱炎(ぼうこうえん)、腎盂腎炎(じんうじんえん)などの症状の総称が【尿路感染症】となっており、 尿路に細菌が侵入するとこの尿路感染症という症状を引き起こしてしまうのです。ちなみに尿路とは何かというと、名前の通り尿の通り路である「尿道」を指しています。尿は「腎臓」で作られて腎盂→尿管→膀胱、そして尿道を通過してくるのですが、 包皮と亀頭の間に...

男性が発症するガンには様々なものがありますが、その内、約1%程度は、「陰茎ガン」といわれる、 男性特有のガンを発症しているとされています。陰茎ガンはその名の通り、男性の陰茎部に発症するガンです。陰険ガンは多くの場合、亀頭部分に発症するようになっており、発症後は尿を排出する為の機能が著しく低下します。扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)と言われることも多いこのガンは、陰茎部悪性腫瘍という腫瘍の一種です...

包茎は元々、色々な弊害を引き起こしがちなものなのですが、実は、性病に非常に感染しやすいといった側面も持ち合わせています。HIVを始めとして、クラミジアやカンジダ、ヘルペス(性器ヘルペス)などこの世界には様々な性感染症があるのですが、 これらの性感染症はそのほとんどが性交渉の後に発症するとされています。性感染症は重度のものになると死を招くこともあるので、なるべく感染しないように気をつけなければならな...